今月の本の雑誌

5月 サングラスどこまで号 No.431
最新号:『本の雑誌2019年5月 サングラスどこまで号 No.431』
特集:さらば、岡留安則!
1979年の創刊から25年にわたり「噂の眞相」の編集兼発行人として権力を撃ち続けた岡留安則氏が亡くなった。というわけで、本の雑誌5月号の特集は「さらば、岡留安則!」。亀和田武、坪内祐三、目黒考二が岡留安則という人を語る追悼座談会から、「噂眞」の誌面を飾った被害者(?)5人と椎名…
2019年4月10日搬入
»バックナンバー »定期購読について »アンケート・三角窓口WEB投稿フォーム

本の雑誌社の最新刊

市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々
 予約受付中 
『市場界隈 那覇市第一牧志市場界隈の人々』橋本倫史
『ドライブイン探訪』の著者が追い続けるもう一つのテーマは、"市場で働く人々"。浮かび上がるのは沖縄の戦後史。昭和から平成を生きる市場の人々に迫ります。 那覇市の第一牧志公設市場は今年、2019年6月…
2019年5月22日搬入
『本屋大賞2019』本の雑誌編集部
15周年を迎えた本屋大賞のすべてがこの一冊に。大賞受賞作家の喜びの声から、一次、二次投票、翻訳小説部門に発掘部門と網羅。■A5判並製 ■136ページ 〈お詫び〉『本屋大賞2019』38ページの1次投票…
2019年4月9日搬入
『古書古書話』荻原魚雷
獲れ獲れピチピチの新鮮な古本ネタで勝負だ一冊の本は無限の本につながっている。つながっているのは本だけではない。文学、実用書、漫画、音楽、将棋、野球、釣り、家事。ジャンルはちがっても掘り下げていけば、か…
2019年3月20日搬入
『立体交差』大山顕
 高度成長期から急激に建設され、いまなお増殖を続ける高速道路網。巨大コンクリート建造物を愛してやまない大山顕が、その脚元から迫ります。自在なジャンクション/インターチェンジの姿を歩きに歩いて厳選。「こ…
2019年2月13日搬入
『誰も教えてくれないイベントの教科書』テリー植田
現在、ビジネスやお店、あるいは公共の場などでも注目されている"イベント"。しかし、イベントは"生もの"。当日何が起きるかわからず、不安いっぱいになる気持ちなるものです。そこでその不安を解消し、イベント…
2019年2月13日搬入
»バックナンバー »著者別一覧 »電子書籍一覧

連載

「目黒考ニの何もない日々」

「目黒考ニの何もない日々」 目黒考二

笹塚から町田に引越しをした目黒さんの悠々自適なご隠居ライフ!?

最新日記:「3月29日(金)書評依頼は4枚だったのに、12枚も書いてしまった話」 2019年3月29日更新

「帰ってきた炎の営業日誌」

「帰ってきた炎の営業日誌」 杉江由次

本の雑誌社のひとり営業マン、杉江由次の炎の営業&サッカー&etc&&&&&…日誌。娘よ、息子よ、父ちゃんは今日も頑張るぞ。

最新日記:「4月7日(日)」 2019年4月7日更新

あとりえ沢野

「あとりえ沢野」 沢野ひとし

沢野ひとしがなんの前触れもなく編集部あてに送ってくる絵手紙の閲覧室です。書いてあることについては、まあわかるものもあり、いったいどうリアクションを?というものもあり・・・。

最新日記:「2016年9月30日006」 2016年9月30日更新

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

駆け出し編集手帳~『投稿写真』のあったころ / 大橋幸久

85年秋、大学4年のオレは、ようやくサン出版の内定をもらった!配属先は「オタク文化」の雄として輝いた雑誌「投稿写真」編集部だった。

最新日記:「第99回(最終回)」 2017年6月1日更新

「助っ人虎の穴日誌」

「助っ人虎の穴日誌」

本の雑誌社の助っ人(アルバイト)達が雑誌社の内情を暴露…え?そんな恐ろしいことは出来ません!?

最新日記: