担当=牧眞司

メタフィジカルな奇想と上品なユーモアのショートショート連作
2018年2月13日11:37

【今週はこれを読め! SF編】

メタフィジカルな奇想と上品なユーモアのショートショート連作
 ここ数年、ショートショートが新しい盛りあがりを見せていて、ファンとしては嬉しいかぎり。この分野では、星新一というあまりに偉大な存在がいて、かつてはその引力圏の...
月面都市に渦巻く陰謀、大仕掛けの破壊工作、息詰まるサバイバル
2018年2月6日12:58

【今週はこれを読め! SF編】

月面都市に渦巻く陰謀、大仕掛けの破壊工作、息詰まるサバイバル
『火星の人』で一躍注目を集めたアンディ・ウィアーの第二作。こんどは月が舞台だ。  時代は特定されていないが、登場人物が『スタートレック』が百年前の作品と言ってい...
星に囲まれた静寂のなかで、捨ててきたはずの人生を思う
2018年1月30日12:55

【今週はこれを読め! SF編】

星に囲まれた静寂のなかで、捨ててきたはずの人生を思う
 広く冷たく索莫とした世界に残された小さな生の物語。  終末はあっけなく訪れた。どうやらこの地球に生きている者はほかにいないらしい。しかし、確実なことはなにもわ...
ヴァーチャルな恋情とリアルな性愛を問う野心作
2018年1月23日11:52

【今週はこれを読め! SF編】

ヴァーチャルな恋情とリアルな性愛を問う野心作
 フィリップ・ホセ・ファーマー『恋人たち』や沼正三『家畜人ヤプー』など、架空の設定を大胆に用いてタブーブレーキングなテーマ展開や表現力を獲得したSFがある。その...
バイクが主人公の青春SF、異色の宇宙史あり、寓話風数学ファンタジイあり
2018年1月12日17:31

【今週はこれを読め! SF編】

バイクが主人公の青春SF、異色の宇宙史あり、寓話風数学ファンタジイあり
 日本SFのカッティングエッジを担っているのは短篇だ。ここ数年、短篇集にまとまっただけでも、高山羽根子『うどん キツネつきの』、長谷敏司『My Humanity...
異なる物理理論の宇宙が、この宇宙を浸蝕する!
2018年1月9日11:50

【今週はこれを読め! SF編】

異なる物理理論の宇宙が、この宇宙を浸蝕する!
『宇宙消失』では人間原理、『ディアスポラ』では六次元時空構造、『クロックワーク・ロケット』では直交物理学......と、手を変え品を変え、読者の科学理解をあっさ...
書いているのはタイプライターか私か? 狂っているのは誰か?
2017年12月26日10:26

【今週はこれを読め! SF編】

書いているのはタイプライターか私か? 狂っているのは誰か?
 マイクル・ビショップが頭角をあらわしたのは1970年代半ば。ジョン・ヴァーリイやジョージ・R・R・マーティンなどと並び、ニューウェイヴで先鋭化したアメリカSF...
増殖し書き換えられる世界。存在は消えても記憶は残る。
2017年12月19日14:52

【今週はこれを読め! SF編】

増殖し書き換えられる世界。存在は消えても記憶は残る。
 第五回ハヤカワSFコンテスト大賞受賞作。この欄で前回とりあげた津久井五月『コルヌトピア』と同時受賞だが、選考委員の選評を読むかぎりでは『構造素子』のほうがじゃ...
鮮烈なイメージの植物融合都市、小さな物語で大きな世界を照らす。
2017年12月12日13:11

【今週はこれを読め! SF編】

鮮烈なイメージの植物融合都市、小さな物語で大きな世界を照らす。
 とにかく世界のイメージが圧倒的。  舞台となるのは、大震災後を経て再興した近未来の東京だ。復興の手だてとして、二十三区全体をほぼすっぽりと内包する直径三十キロ...
狂気の細菌兵器、すでにはじまっている破滅
2017年12月5日11:33

【今週はこれを読め! SF編】

狂気の細菌兵器、すでにはじまっている破滅
 表題の「破滅の王」とは、治療法のない細菌兵器のことだ。常識で考えれば、治療法がなければ兵器として成立しない。破壊兵器と異なり、細菌は標的を絞れない。地に放てば...