小説家と大家の探偵物語〜三木笙子『帝都の下宿屋』
2018年9月19日 18:55

【今週はこれを読め! エンタメ編】

小説家と大家の探偵物語〜三木笙子『帝都の下宿屋』 - 松井ゆかり
 三木笙子といえば、男の友情と謎解きが好きな乙女たちから絶大な信頼を寄せられてい...
じわじわ気になる(ほぼ)100字の書評
2018年9月18日 14:12

【今週はこれを読め! SF編】

じわじわ気になる(ほぼ)100字の書評 - 牧眞司
黒っぽい表紙の四角い本がきてから 毎日がちょっとおかしい。 目に映る世界は同じなのに どこかズレている、なにか変わっている。 けれど、本がくる前の毎日が どんな...
『数字を一つ思い浮かべろ』の犯人に納得!
2018年9月16日 23:44

【今週はこれを読め! ミステリー編】

『数字を一つ思い浮かべろ』の犯人に納得! - 杉江松恋
 優れた謎解き小説は逆再生に耐えうる。  つまり結末を知ってから遡って読んでいってもおもしろい。なるほど、この結論を導くためにこういう伏線を...
甲子園復活に尽くした人々の物語〜須賀しのぶ『夏空白花』
2018年9月12日 11:10

【今週はこれを読め! エンタメ編】

甲子園復活に尽くした人々の物語〜須賀しのぶ『夏空白花』 - 松井ゆかり
 この夏、いわゆる夏の甲子園(全国高校野球選手権大会)は第100回を迎えた。しか...
ひとつの地形として横たわるだけ巨竜が作品世界を支配する
2018年9月11日 17:37

【今週はこれを読め! SF編】

ひとつの地形として横たわるだけ巨竜が作品世界を支配する - 牧眞司
《竜のグリオール》は1984年から断続的に発表されたシリーズで、つごう七篇を数える。本書はそのうち前半四篇を収録している。  作者シェパードは巻末の「作品に関す...
才気あふれるガールフッド・ミステリー 陸秋槎『元年春之祭』
2018年9月10日 15:45

【今週はこれを読め! ミステリー編】

才気あふれるガールフッド・ミステリー 陸秋槎『元年春之祭』 - 杉江松恋
 紀元前を舞台にしたガールフッド・ミステリーである。  陸秋槎『元年春之祭』(ハヤカワ・ミステリ)は一九八八年に北京で生まれた作者が、復旦大...
チョコでつながる友情と成長の物語〜藤野恵美『ショコラティエ』
2018年9月 5日 17:43

【今週はこれを読め! エンタメ編】

チョコでつながる友情と成長の物語〜藤野恵美『ショコラティエ』 - 松井ゆかり
 終戦直後の「ギブミーチョコレート」の時代から、日本人にとってチョコレートは特別...