担当=杉江松恋

恐ろしいのに止められない『あの子はもういない』
2019年2月22日21:24

【今週はこれを読め! ミステリー編】

恐ろしいのに止められない『あの子はもういない』
 何の罪もない者が必要のない重荷を背負わされ、望まない人生の路を歩む。 『あの子はもういない』(文藝春秋)はそういう小説だ。前回に続き、韓国...
予断を排して『種の起源』を読むべし!
2019年2月12日18:18

【今週はこれを読め! ミステリー編】

予断を排して『種の起源』を読むべし!
 あらゆる予断を排して物語の中に身を投じたほうが絶対に楽しめる。  チョン・ユジョン『種の起源』(ハヤカワ・ミステリ)は、そういう小説である...
運命に立ち向かう少女の物語『カッコーの歌』
2019年2月1日12:29

【今週はこれを読め! ミステリー編】

運命に立ち向かう少女の物語『カッコーの歌』
 今回採り上げるのはミステリーではない。分類するならばファンタジーなのだが、サスペンスの醸成が尋常ではなく巧く、物語が静から動に転じた後の展...
必死の軌道修正スリラー『カナリアはさえずる』
2019年1月25日18:15

【今週はこれを読め! ミステリー編】

必死の軌道修正スリラー『カナリアはさえずる』
 つまりスリラーとは、必死でやる軌道修正のことなのである。  おひさしぶり、ドゥエイン・スウィアジンスキーの新作『カナリアはさえずる』を読み...
血が滾る冒険小説『拳銃使いの娘』
2019年1月15日17:30

【今週はこれを読め! ミステリー編】

血が滾る冒険小説『拳銃使いの娘』
 血が滾る、としか言いようのない小説である。  信頼と愛情、そして闘争心と勇気。  ジョーダン・ハーパー『拳銃使いの娘』は、それらがいっぱい...
背中がぞわぞわする『ピクニック・アット・ハンギングロック』
2019年1月7日16:06

【今週はこれを読め! ミステリー編】

背中がぞわぞわする『ピクニック・アット・ハンギングロック』
 あけましておめでとうございます。  新しい年の門出だからめでたい気分になれる小説が読みたい、などと病膏肓に入ったミステリー・ファンは言わな...
年末年始に『償いの雪が降る』を読もう!
2018年12月27日17:04

【今週はこれを読め! ミステリー編】

年末年始に『償いの雪が降る』を読もう!
 間もなく2018年が終わり2019年になる。  それは平成という年号の切り替えへ向けた秒読みの始まりでもある。  この節目の年末年始に、ぜ...
黒人テキサス・レンジャーの闘い『ブルーバード、ブルーバード』
2018年12月26日11:52

【今週はこれを読め! ミステリー編】

黒人テキサス・レンジャーの闘い『ブルーバード、ブルーバード』
 朝から嫌なことがあり、感情を抑えるのに苦労しながら一日を過ごした。  心の中に怒りがあるとき、世界は滅亡の淵へと突き進んでいるように感じら...
破滅の作家ブッツァーティの短篇集『現代の地獄への旅』
2018年12月13日17:47

【今週はこれを読め! ミステリー編】

破滅の作家ブッツァーティの短篇集『現代の地獄への旅』
 ある日うっかり地獄行き。  ミラノの新聞社で記者として働くディーノ・ブッツァーティは、ある朝、編集長に呼び出される。地下鉄の工事現場で作業...
十代の頃の気持ちがよみがえる『誰かが嘘をついている』
2018年11月29日10:23

【今週はこれを読め! ミステリー編】

十代の頃の気持ちがよみがえる『誰かが嘘をついている』
 十代の生きづらさ、息苦しさについての小説だ。  カレン・M・マクマナス『誰かが嘘をついている』(創元推理文庫)である。  二〇一七年に発表...